アウグシュネのけたためる部屋

.--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

.04

未分類

おも。

マニ教が登場する小説があるっていうので、図書館で借りてきました。

金庸『倚天屠龍記(いてんとりゅうき)第一巻 呪われた宝刀』(徳間書店)。

舞台は、元時代の中国。

物語は、香港時代のジャッキー・チェンのカンフー映画みたいな感じです。

倚天剣と屠龍刀という幻の宝刀をめぐって、武術の達人たちが戦います。

ちょ~、おもしろい!

かつて、吉川英治『宮本武蔵』や『三国志演義』やアレクサンドル・デュマ『ダルタ二ゃン物語』に夢中になったものですが、そんな感じ。

ただ、誰が主役なのか、わからんのよねぇ。

マニ教は、まだ出てきてませんが、夢中になってます。

金庸は、中国人の国民的作家で、その小説は、ゲームにもなってるンやって。



スポンサーサイト

NEXT Entry
きょうは…。
NEW Topics
サタデー・ナイトは……。
もしドラ。
軽っ。
AKB49?
モテもて携帯。

Comment
412
エライな~
図書館なんて、ここしばらく行ってない(^^;
本も読んでないなぁ~(><)

414
sakuraさんへ。
アウグシュネは、本の虫です。あ、つまり紙魚か。


Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
十六夜咲夜の大きな懐中時計

プロフィール
↓ クイックしてみて!

「アウグシュネのけたためる部屋」の登場人物の紹介

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村 *コメント、待ってます。リンク歓迎です。 FC2 Blog Ranking 現在の閲覧者数:

ブロとも一覧


天気予報

-天気予報コム- -FC2-

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新トラックバック

MicroAd



検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

RSSフィード 管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。